いまさら聞けない資産運用とは?初心者におすすめな手段4選も解説!

2020年04月16日 更新

2020_19_01

老後の生活資金や子供の教育費は、場合によっては数千万円ほどのお金が必要となります。できるだけ効率良くお金を貯めていきたいものですが、2020年時点で日本は低金利のため、銀行にお金を預けていてもほとんど殖えません。

低金利の時代において、少しでも効率的にお金を増やしたい場合は、資産運用を始めてみてはいかがでしょうか。そこで今回は、資産運用をしたことがない人のために、種類やメリット・デメリットについて、分かりやすく解説していきます。

資産運用とは?

資産運用とは、資産を株式や不動産などに投資して増やすことをいいます。資産運用のメリットとデメリットは、それぞれ以下の通りです。

2020_19_02

複利効果とは、元本だけでなく利子にも利子がついて殖えることです。例えば100万円を年利5%で運用した場合、2年目は105万円となりますが、3年目は105万円に利子がついて110.25万円となります。お金の力でお金が殖えていく仕組みともいえるでしょう。

また、資産運用は家賃収入や配当金といった不労所得も得ることができます。

一方で資産運用は、お金が必ず殖えるわけではなく、場合によっては元本割れする可能性もあります。また、資産運用でお金を殖やしていくには、手段に応じて金融や経済の動向を読む力、不動産管理の知識などが必要になるため、運用開始後も勉強を続けていかなければなりません。

資産運用の種類

資産運用の方法にはいくつか種類があり、それぞれに特徴があります。

預貯金

預貯金とは、銀行や郵便局にお金を預けることです。2020年時点でもわずかながら金利がつくため、預貯金も資産運用と考えられます。

一方で預貯金は、預け先が倒産しない限り元本が確保されるため、比較的安全性が高い資産運用です。

保険

保険には、支払った保険料を保険会社が代わりに運用して殖やしてくれる貯蓄型の保険があります。貯蓄型保険の種類は以下の通りです。

● 個人年金保険
● 学資保険
● 終身保険 など

貯蓄型の保険は、自分で資産運用をせずとも、預貯金よりもお金を殖やせる可能性があります。しかし保険料を支払っている途中で解約すると、元本割れが起こる可能性があるため注意が必要です。

国債(債券)

国債は、国が発行する債券のことで、購入することで半年に一回金利を受け取ることができ、満期を迎えると元本が戻ってきます。

国債の元本や利子の支払いについては、国が責任をもって行ってくれるためリスクの資産運用の中でも比較的安全な方法です。ただし安全性が高い分、リターンは他の投資手段よりも劣ります。

投資信託

投資信託とは、投資のプロに委託して投資する方法です。投資先は、国内や国外の株式、債券、不動産など幅広い選択肢から選べます。

ただし、口座開設手数料や信託報酬といったコストがかかるのが難点でしょう。

株式投資

株式とは、企業が資金調達のために発行するものです。株式を取得して株主となることで、利益を配当金として還元してもらえたり、商品やサービスの提供といった株主優待を受けられたりします。

一方で、株式投資で利益を出すためには、会社や世の中の知識が必要で勉強に時間がかかる点に注意が必要です。

不動産投資

不動産投資とは、マンションやアパートのような不動産を使って、賃料収入や売却益を得る投資です。ローンを活用することで自己資金が少なくても始められます。加えて不動産は、現物資産ですので、他の運用方法と比較してインフレの影響を受けづらいです。

一方で、物件の管理や入居者の対応が必要となる場合があるため、資産運用の初心者には少しハードルが高い投資方法といえます。

初心者におすすめな資産運用4選

2020_19_03

資産運用の経験があまりない人は、ここでご紹介する方法を使って始めてみてはいかがでしょうか。

iDeCo

iDeCoとは、個人型確定拠出年金のことで、自分で拠出した掛け金を投資信託のような金融商品を通じて運用していきます。

iDeCoの最大のメリットは、税金が優遇される点です。掛け金は全額所得控除の対象なだけでなく、運用益も非課税で、退職時も税金の負担を優遇してもらえます。

ただしiDeCoで積み立てたお金は、原則60歳まで引き出せません。また、掛け金の上限は、職業などによって変わる仕組みです。

NISA

NISAとは、株や投資信託などの運用によって得た利益が一定額まで非課税となる制度です。通常のNISAに加えて、つみたてNISAやジュニアNISAなどがあり、非課税となる投資額や期間が異なります。

投資したお金はいつでも引き出せますが、iDeCoのように掛け金は所得控除の対象となりません。

個人向け国債

個人向け国債は、国が個人向けに発行している国債のことで、証券会社から購入できます。

国債はリスクが低いだけでなく、個人向けは額面金額1万円からと手軽に始められるため、資産運用の初心者でも始めやすいです。

ロボ・アドバイザー

ロボアドバイザーとは、自分の代わりにAIが年齢や資産状況、リスクの許容度などに応じて投資先や商品を自動で選んでくれるサービスです。そのため、資産運用の知識が浅い人でも効果的な投資を行える可能性があります。

一方でAIの力を借りるとはいえ、元本割れが起こる確率は決してゼロではありませんので、過信しないようにしましょう。

資産運用を始める場合の注意点

最後に資産運用を始めるときの注意点について解説します。

必ず余剰資金で行う

資産運用は、貯蓄に回すお金の全てを投じるのではなく、損失が発生しても支障がないような余剰資金で行いましょう。

手元にあるお金を全て資産運用に回すと、運用の結果が気になって仕事が手につかなくなる可能性や、資産がマイナスとなり精神的に大きなダメージを負う可能性があります。

目的を明確にする

資産運用を始める際は、お金を貯める目的を決めてから始めましょう。貯めるお金の種類によって、有効な資産運用の方法が変わるからです。

例えば老後資金を貯める場合は、iDeCoや貯蓄型保険のように、60歳までお金を引き出しにくいような方法がおすすめです。一方で教育資金や医療費のように、途中でお金を引き出す場合は、つみたてNISAのような途中でお金を引き出せる方法で運用すると良いでしょう。

コストを確認する

資産運用には、証券会社や保険会社に支払う手数料、不動産投資の場合は物件の管理費用などのコストがかかります。

コストが発生すると、その分だけ運用の効率性が低下します。そのため、始めようとしている資産運用において、コストがどれだけかかるのかを確認したうえで始めましょう。

まとめ

資産運用にはさまざまな種類があり、それぞれリスクやリターン、求められる知識などが大きくことなります。

資産運用の経験がない初心者の方は、最初から大きなリターンを狙うのではなく、リスクが少ない手段で初めてみてはいかがでしょうか。

この記事の著者

品木 彰

ライター、2級ファイナンシャル・プランニング技能士

\ 60秒で入力完了 /

対応エリア:全国(※一部地域や離島を除く)
対応エリア:全国(※一部地域や離島を除く)